FC2ブログ

中西輝政先生御文章

中西輝政先生御文章

「本当の危機を前に覚悟を固めたら、『やればできるんだ、日本』である。これが、『日本を取り返す』に続いて、我々が掲げるべきスローガンである。」

「今こそ、『日本を取り戻す』ために憲法改正に取り組み、一心不乱、一意専心進むときなのである。そして『やればできる、日本』を天下に示すときだ。」

月刊『正論』平成26年3月号より
スポンサーサイト



来たる5月3日「憲法改正の実現を求める愛媛県民大会」にご参加ください。

来たる5月3日「憲法改正の実現を求める愛媛県民大会」にご参加ください。

 講師に中西輝政先生(京都大学名誉教授)決定!

日時:平成26年5月3日 午後1時半開会 (12時半受付開始)
      御講演時間 90分
      ご講演テーマ「今こそ憲法改正の実現を!」

会場:松山市民会館中ホール(580名収容)
    (愛媛県松山市堀之内)
   駐車場がありませんので、在来交通機関をご利用ください。

入場無料

主催:日本会議愛媛県本部(会長 中山紘治郎)


中西輝政先生(京都大学名誉教授)プロフィール
(なかにし てるまさ)昭和22年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。同大学院修士課程、ケンブリッジ大学博士課程修了。平成24年京都大学大学院教授を退官。『大英帝国衰亡史』『国民の文明史』『激動する世界と日本再建の課題』『賢国への道』など著書多数。

愛媛県議会で3月19日に「憲法改正の早期実現を求める意見書」採択さる!

愛媛県議会で3月19日に「憲法改正の早期実現を求める意見書」採択さる!全国で3番目の快挙。


憲法改正の早期実現を求める意見書
 
 日本国憲法は、昭和二十二年五月三日の施行以来、今日に至るまでのおよそ七十年間、一度も改正が行われていない。
 しかしながら、この間、我が国をめぐる内外の諸情勢は劇的に変化を遂げている。とりわけ、我が国を取り巻く東アジア情勢は、一刻の猶予も許されない事態に直面している。さらに、家庭、環境などの諸問題や大規模災害等、憲法制定当時には想定もできなかった事態への対応が求められている。
 このような時代状況の大きな変革に即して、様々な憲法改正案が各政党、各報道機関、民間団体等から提唱されているところである。国会でも、平成十九年の国民投票法の成立を機に憲法審査会が設置され、憲法改正に向けた態勢が整備されたところである。
 よって、国においては、新たな時代にふさわしい憲法に改めるため、憲法改正案を早期に作成し、国民が自ら判断する国民投票が実現されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第九十九条の規定により意見書を提出する。

平成二十六年三月十九日

愛媛県議会
提出先
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
総務大臣
法務大臣
内閣官房長官

*今後は憲法改正の機運をいよいよ高めるため県下20市町議会での採択を目指して参ります。誠に有り難うございます。

「憲法改正の早期実現を求める意見書」の採択を自民党愛媛県連に陳情

憲法改正決議の陳情

日本会議愛媛県本部では、中山紘治郎会長、小川純生運営委員長を中心に、2月21日、愛媛県議会での「憲法改正の早期実現を求める意見書」の採択を自民党愛媛県連執行部に陳情しました。

建国記念の日奉祝愛媛県中央大会で阿比留瑠比先生が講演!

阿比留先生 260211

建国記念の日奉祝愛媛県中央大会では、産経新聞政治部編集委員の阿比留瑠比先生が「よみがえれ、日本!」と題して講演されました。

誠に有り難うございます。
プロフィール

日本会議愛媛県本部 事務局

Author:日本会議愛媛県本部 事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR