FC2ブログ

天皇皇后両陛下愛媛県奉迎委員会 提灯奉迎にお応えくださる天皇皇后両陛下

天皇皇后両陛下 提灯

天皇皇后両陛下には、平成29年9月29日から3日間、えひめ国体に御臨席のため、愛媛に御来県されました。

御来県初日の9月29日、天皇皇后両陛下愛媛県奉迎委員会(竹田祥一会長)が主催し、天皇皇后両陛下奉迎大提灯パレードが約4000名の県民参加のもと盛大に行われました。

その提灯奉迎に、かしこくも天皇皇后両陛下には、お泊りの全日空ホテルの窓から、提灯をお振りくださり、また、御退下の前にはお手を振って、おこたえ下さいました。

君民一体の麗しき国柄が顕現した聖なる夜景は永久に歴史に刻まれることでしょう。
スポンサーサイト



謹賀新年 年頭ご発表 天皇陛下御製 皇后陛下御歌


謹賀新年
謹んで年頭にご発表になられた天皇陛下の御製、皇后陛下の御歌を拝誦させて頂きます。(平成27年にお詠みになられたもの)
誠に有難うございます。

天皇陛下 御 製  五首

第六十六回全国植樹祭

父君の蒔(ま)かれし木より作られし鍬を用ひてくろまつを植う

第七十回国民体育大会開会式

作られし鯨もいでて汐を吹く集団演技もて国体開く

第三十五回全国豊かな海づくり大会

深海の水もて育てしひらめの稚魚人らと放つ富山の海に

戦後七十年に当たり、北原尾(きたはらお)、千振(ちふり)、大日向(おおひなた)の開拓地を訪(と)ふ

開拓の日々いかばかり難(かた)かりしを面(おも)穏やかに人らの語る

新嘗祭近く

この年もあがたあがたの田の実りもたらさるるをうれしく受くる


皇后陛下御歌 三首

石巻線の全線開通

春風も沿ひて走らむこの朝(あした)女川(をながは)駅を始発車いでぬ

ペリリュー島訪問

逝(ゆ)きし人の御霊(みたま)かと見つむパラオなる海上を飛ぶ白きアジサシ

YS 11より五十三年を経し今年

国産のジェット機がけふ飛ぶといふこの秋空の青深き中

皇后陛下お誕生日に際してのお言葉


皆様、有り難うございます。

10月20日は皇后陛下のお誕生日でした。誠におめでたうございます。お誕生日に際しての皇后陛下のお言葉を謹んで拝させていただきます。

(以下、宮内庁ホームページより)

問 この1年,自然災害などさまざまな出来事がありました。戦後70年にあたり,皇后さまは天皇陛下とともにパラオをはじめ国内外で慰霊の旅を重ねられました。また,玉音放送の原盤なども公開されたほか,若い皇族方も戦争の歴史に触れられました。1年を振り返って感じられたことをお聞かせください。8月には心臓の精密検査を受けられましたが,その後のご体調はいかがですか。

皇后陛下

この1年も,火山の噴火や大雨による洪水,土地の崩落,竜巻など,日本各地を襲う災害の報に接することが多く,悲しいことでした。ごく最近も,豪雨のため関東や東北の各所で川が溢れ,とりわけ茨城県常総市では堤防が決壊して二人が亡くなり,家を流された大勢の人々が今も避難生活を続けています。先日,陛下の御訪問に同伴して同市を訪問いたしましたが,水流により大きく土地をえぐられた川沿いの地区の状況に驚くと共に,道々目にした土砂で埋まった田畑,とりわけ実りの後に水漬みづいた稲の姿は傷ましく,農家の人々の落胆はいかばかりかと察しています。

東日本でも,大震災以来すでに4年余の歳月が経ちますが,未だに避難生活を続ける人が19万人を超え,避難指示が解かれ,徐々に地区に戻った人々にも,さまざまな生活上の不安があろうかと案じられます。また,海沿いの被災地では,今も2,000名を超える行方不明者の捜索が続けられており,長期にわたりこの仕事に従事される警察や海上保安庁の人たち,また原発の事故現場で,今も日々激しく働く人々の健康の守られることを祈らずにはいられません。

先の戦争終結から70年を経,この1年は改めて当時を振り返る節目の年でもありました。終戦を迎えたのが国民学校の5年の時であり,私の戦争に関する知識はあくまで子どもの折の途切れ途切れの不十分なものでした。こうした節目の年は,改めて過去を学び,当時の日本や世界への理解を深める大切な機会と考えられ,そうした思いの中で,この1年を過ごしてまいりました。

平和な今の時代を生きる人々が,戦時に思いを致すことは決して容易なことではないと思いますが,今年は私の周辺でも,次世代,またその次の世代の人々が,各種の催しや展示場を訪れ,真剣に戦争や平和につき考えようと努めていることを心強く思っています。先頃,孫の愛子と二人で話しておりました折,夏の宿題で戦争に関する新聞記事を集めた時,原爆の被害を受けた広島で,戦争末期に人手不足のため市電の運転をまかされていた女子学生たちが,爆弾投下4日目にして,自分たちの手で電車を動かしていたという記事のことが話題になり,ああ愛子もあの記事を記憶していたのだと,胸を打たれました。若い人たちが過去の戦争の悲惨さを知ることは大切ですが,私は愛子が,悲しみの現場 に,小さくとも人々の心を希望に向ける何らかの動きがあったという記事に心を留めたことを,嬉しく思いました。

今年,陛下が長らく願っていらした南太平洋のパラオ御訪問が実現し,日本の委任統治下で1万余の将兵が散華したペリリュー島で,御一緒に日米の戦死者の霊に祈りを捧げることが出来たことは,忘れられない思い出です。かつてサイパン島のスーサイド・クリフに立った時,3羽の白いアジサシがすぐ目の前の海上をゆっくりと渡る姿に息を呑んだことでしたが,この度も海上保安庁の船,「あきつしま」からヘリコプターでペリリュー島に向かう途中,眼下に,その時と同じ美しい鳥の姿を認め,亡くなった方々の御霊みたまに接するようで胸が一杯になりました。

戦争で,災害で,志半ばで去られた人々を思い,残された多くの人々の深い悲しみに触れ,この世に悲しみを負って生きている人がどれ程多く,その人たちにとり,死者は別れた後も長く共に生きる人々であることを,改めて深く考えさせられた1年でした。

世界の出来事としては,アフリカや中東など,各地で起こる内戦やテロ,それによる難民の増大と他国への移動,米国とキューバの国交回復,長期にわたったTPP交渉などが記憶に残っています。また,日本や外地で会合を重ね,学ぶことの多かったドイツのヴァイツゼッカー元大統領やシンガポールのリー・クァンユー元首相,40年以上にわたり,姉のようにして付き合って下さったベルギーのファビオラ元王妃とのお別れがありました。

この回答を記している最中さなか,日本のお二人の研究者,大村智さんと梶田隆章さんのノーベル賞受賞という明るい,嬉しいニュースに接しました。受賞を心から喜ぶと共に,お二人が,それぞれの研究分野の先達であり,同賞の受賞こそなかっ たとはいえ,かつてそれに匹敵する研究をしておられた北里柴三郎博士や,つい7年前に亡くなられた戸塚洋二さんの業績を深い敬意をもって語られることで,これらの方々の上にも私どもの思いを導いて下さったことを有難く思いました。また,大村さんや同時受賞のアイルランドのウィリアム・キャンベル博士と共に,同じこの分野で,国の各地に伝わる漢方薬の文献をくまなく調べ,遂にマラリヤに効果のある薬草の調合法を見出した中国の屠とゆうゆうさんの受賞も素晴らしいことでした。

スポーツの分野でも,テニスや車いすテニスの選手が立派な成果を上げ,また,ラグビーワールドカップにおける日本代表チームの輝かしい戦いぶりは,日本のみでなく世界の注目を集めました。4年後 の日本で開かれる大会に,楽しく夢を馳せています。

身内での変化は,秋篠宮家の佳子が成年を迎え,公的な活動を始めたこと,眞子が約1年の留学を終え,元気に戻ってきたことです。佳子はこの1年,受験,成年皇族としての公務,新しい大学生活,と,さまざまな新しい経験を積み,また時に両親に代わって悠仁の面倒をみるなど,数々の役目を一生懸命に果たして来ました。眞子が帰って来てホッとしていることと思います。また,この12月には三笠宮様が100歳におなりで,お祝い申し上げる日を楽しみにしております。

戦後70年となる今年は,昭和天皇の終戦の詔勅の録音盤や,終戦が決められた御前会議の場となった吹上防空壕の映像が公開されるなど,改めて当時の昭和天皇の御心みこころを思い上げることの多い1年でした。どんなにかご苦労の多くいらしたであろう昭和天皇をお偲び申し上げ,その御意志を体たいし,人々の安寧を願い続けておられる陛下のお側で,陛下の御健康をお見守りしつつ,これからの務めを果たしていければと願っています。

体調につき尋ねて下さり有難うございました。今のところ,これまでと変わりなく過ごしています。

(英文)

Press Conference on the occasion of Her Majesty's Birthday (Written Answers) (2015)

Her Majesty the Empress's Answers to Questions by the Press on the Occasion of Her 81st Birthday 2015, and the Activities of Her Majesty the Empress over the Past Year

Her Majesty's Answers to Questions by the Press on the Occasion of Her 81st Birthday 2015

Question

In the past year, we observed many happenings in Japan, including several natural disasters. This year marks the 70th anniversary of the end of World War II, and Your Majesty, together with His Majesty the Emperor, made many trips both at home in Japan and abroad to pay respects to those who lost their lives in the war. Also this year, the original recording of the speech by Emperor Showa announcing the end of the war was released, along with other materials pertaining to the war, bringing the history of the war to the attention of the younger members of the Imperial Family.
Would You tell us Your thoughts and impressions of the last twelve months? Please also tell us how your health is since the complete cardiac examination that you underwent in August.

Answer

This year again, sadly, we heard news of natural disasters so many times, such as volcanic eruptions, floods brought on by heavy rainfall, landslides and tornadoes, striking various parts of Japan. Just recently, heavy rains caused rivers to flood in several parts of Kanto and Tohoku regions. In particular, in the city of Joso, Ibaraki Prefecture, an embankment collapsed, leaving two people dead and many people without homes, as their homes were washed away and they continue to live in evacuation facilities even to this day. A short while ago, I accompanied His Majesty to Joso, where I was struck by how the floodwater had gouged out large tracts of land by the river. It was also so painful to see, on our way, the site of the cultivated fields covered in sediment and, especially, the rice plants which were ready for harvest, now soaked in water. My heart goes out to the farmers, whose disappointment I can only imagine.

In eastern Japan, although more than four years have passed since the Great East Japan Earthquake, more than 190,000 people are still living in temporary housing, unable to return home. I am also concerned about those who are gradually returning to their hometowns where the evacuation orders have been lifted, as they must be feeling anxious and insecure about various aspects of their daily life. In the coastal areas affected by the disaster, the search continues for the more than 2,000 persons who are still missing. I cannot help but to pray for the health of the police officers and the members of the Japan Coast Guard, who have been engaged in this task for a long time, as well as for those who even now continue to engage daily in strenuous work at the site of the nuclear accident.

This year, which marks the 70th anniversary of the end of World War II, has also been a milestone year to reflect on those days. I was in the fifth grade of primary school when the war ended, so my knowledge of the war was that of a child, fragmentary and incomplete. I feel that milestone years such as this year offer valuable opportunities to revisit the past and deepen our understanding of Japan and the world in those days. It is with these thoughts in mind that I have spent this past year.

For people living in these peaceful times in Japan, I realize it is not at all an easy task to turn their thoughts to the war days. But I am heartened by the fact that, this year, those around me of the next generation and the generation after that have been visiting various events and exhibits and making the effort to think seriously about war and peace. The other day, when I was talking with my granddaughter Aiko, the conversation turned to her summer homework, which involved collecting newspaper articles on the war. We talked about an article on schoolgirls in the city of Hiroshima who, towards the end of the war, had been charged with operating the municipal trains due to staff shortage, and how, only four days after the atomic bomb was dropped, they were driving the trains on their own. It moved me that Aiko, too, had read and remembered the article. While it is important for young people to learn about the tragedy of past wars, I was also glad that Aiko had taken notice of an article describing something, however small, which had turned people's hearts toward hope, even in the midst of sadness.

His Majesty's long-cherished wish to visit Palau in the South Pacific was realized this year, and together we were able to pray for the souls of both the Japanese and American war dead on Peleliu Island, which was under a Japanese mandate at the time of the war, where over 10,000 Japanese soldiers had died in action. This has left an unforgettable impression on me. Years ago, when we were standing on the Suicide Cliff in Saipan, I was struck by the sight of three white terns slowly flying across the sea before our eyes. On this trip, too, on our helicopter flight from the Akitsushima, a Japan Coast Guard vessel, to Peleliu Island, His Majesty and I were able to see the same beautiful birds flying below us. I was overcome with emotion, as though we were encountering the souls of those who had lost their lives there. Thinking over the past year and coming to know more about those whose lives were cut short, whether by war or by disaster, and the profound sorrow of the many people left behind, I realized deeply once again how so many people in society are living with grief in their hearts and that, for them, the departed continue to live with them long after their departure.

World events which come to mind are internal conflicts and acts of terrorism taking place in Africa, the Middle East and various other places, resulting in the increase in the number of refugees and their migration to other countries, the normalization of relations between the United States and Cuba, and the years of negotiations of the TPP. We bade farewell to former President Richard von Weizsäcker of Germany and former Prime Minister Lee Kuan Yew of Singapore, both of whom His Majesty and I met from time to time in Japan and abroad and from whom I learned much. The sad farewell was also with former Queen Fabiola of Belgium, who had been like an older sister to me for over four decades.

While I was putting together my thoughts for this response, I had the pleasure of receiving the happy news that two Japanese researchers, Dr. Satoshi Omura and Dr. Takaaki Kajita, had been awarded the Nobel Prize. Their awards gave me much joy and at the same time, I was grateful to both of them for speaking with deep respect and thus bringing to our attention the achievements of the late Dr. Shibasaburo Kitazato and Dr. Yoji Totsuka, who passed away seven years ago. They were pioneers in the recipients' respective fields of study and though they were not honoured with the Nobel Prize, they were nonetheless conducting research worthy of such recognition in their time. Sharing the Nobel Prize in Physiology or Medicine with Dr. Omura and Dr. William C. Campbell of Ireland was Tu Youyou of China. I found it admirable that, after thoroughly consulting ancient texts on traditional Chinese herbs handed down across the country, she finally discovered the herbal formula for effectively treating malaria.

In the world of sport, athletes in tennis and wheelchair tennis have achieved impressive results, and the brilliant games played by the Japanese national team at the Rugby World Cup became the focus of attention not only in Japan but around the world. I am looking forward with much hope to the next World Cup, which will be held in Japan in four years.

As for changes within our family, Kako, the younger daughter of Prince and Princess Akishino, has come of age and has started carrying out official duties, while Mako, the older daughter, has returned in good form after a year of studying abroad. Over the past year, Kako has had many new experiences, studying for her university entrance examination, carrying out official duties as an adult member of the Imperial Family, starting at a new university, and has worked hard to fulfill the various roles, at times also taking care of her young brother Hisahito in the place of her parents. So I am sure that she is much relieved that Mako is now back. In December this year, Prince Mikasa will be celebrating his 100th birthday, and I am looking forward to congratulating him on that day.

This year, the 70th anniversary of the end of World War II, the recording of Emperor Showa's speech announcing the end of the war was released, as well as images of the Fukiage air-raid shelter, the site of the Imperial Conference where the decision to end the war was made. Throughout the year, these and other instances have made me reflect anew many times on what must have been on Emperor Showa's mind at the time. While respectfully remembering Emperor Showa, who must have borne so many hardships, my wish now is to keep a closer watch over His Majesty's health as He carries on Emperor Showa's wishes, praying constantly for the well-being of the people, while I continue, at His side, to carry out my duties in what is required of me in my own role.

Thank you for asking about my health. So far, I have been able to continue as I have done before, without much change.

http://www.kunaicho.go.jp/okoto…/…/kaiken/gokaito-h27sk.html

http://www.kunaicho.go.jp/activ…/gokinkyo/…/h27-1020-ph.html

新年ご発表の天皇陛下の御製、皇后陛下の御歌

謹んで、新年ご発表の天皇陛下の御製、皇后陛下の御歌を掲載させていただきます。(宮内庁ホームページより)

誠に有難うございます。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gyosei/pdf/gyosei-h24.pdf


御製五首
平成二十四年

心臓手術のため入院

手術せし我が身を案じ記帳せるあまたの人の心うれしき

本年二月十八日、陛下は冠動脈バイパス手術をお受けになり、三月四日に御退院になった。この間皇居等にお見舞い記帳に訪れた多くの 人々に対する感謝のお気持ちをお詠みになった御製。


仙台市仮設住宅を見舞ふ

禍(まが)受けて仮設住居に住む人の冬の厳しさいかにとぞ思ふ

天皇皇后両陛下は、本年五月、東日本大震災の被災者を、仙台市の仮設住宅にお見舞いになった。この御製は、仮設住宅において寒さの 厳しい冬を過ごす人々にお心をお寄せになり、お詠みになったもの。


即位六十年に当たり英国の君に招かれて

若き日に外国(とつくに)の人らと交はりし戴冠式をなつかしみ思ふ

陛下は英国エリザベス二世女王陛下の戴冠式が行われた昭和二十八 年、昭和天皇の名代として十九歳で式に御参列になり、女王陛下を始 め各国からの代表とお会いになった。この御製は、本年五月の女王陛 下即位六十周年に伴う英国御訪問に当たり、戴冠式での御経験を思い 起こされ、お詠みになったもの。


沖縄県訪問

弾を避けあだんの陰にかくれしとふ戦(いくさ)の日々思ひ島の道行く

天皇皇后両陛下は、本年十一月、全国豊かな海づくり大会御臨席の ため沖縄県を御訪問になった。この御製は、道からあだんの木を御覧 になった際、弾を避けてあだんの木の陰に隠れたという沖縄戦のこと を思い起こされ、お詠みになったもの。


明治天皇崩御百年に当たり

様々の新しきこと始まりし明治の世しのび陵(みささぎ)に詣づ

天皇皇后両陛下は、明治天皇崩御百年に当たり、本年十二月、京都 府の明治天皇陵と昭憲皇太后陵を御参拝になった。この御製は、その 時のことを、お詠みになったもの。


第六十三回全国植樹祭山口県

海近き開拓地なるきらら浜に県木あかまつを人らと植うる

第六十七回国民体育大会岐阜県

小旗振りて通りて行ける選手らの笑顔うれしく手を振り返す

第三十二回全国豊かな海づくり大会沖縄県

ちゆら海よ願て糸満の海にみーばいとたまん小魚放ち


皇后陛下御歌三首

平成二十四年

復興

今ひとたび立ちあがりゆく村むらよ失せたるものの面影の上(うへ)に

天皇皇后両陛下は、昨年に引き続き本年も宮城県、長野県、福島 県の被災地を御訪問になり、東日本大震災等の被災者を見舞われ、 支援者をお労いになった。この御歌は、地震と津波により失われた 人命、家、周囲の自然等、その全てを面影として心に抱きつつ、今
一度復興に向け立ち上がろうとしている北国の人々に思いを寄せ て、お詠みになったもの。


着袴の儀

幼な児は何おもふらむ目見(まみ)澄みて盤上(ばんじょう)に立ち姿を正す

昨年十一月三日、赤坂東邸において、悠仁親王殿下の「着袴の儀」、「深曽木の儀」が行われた。儀式の中で碁盤の上に立ち、しっかりと姿勢を正された悠仁親王殿下のお姿をお詠みになった御歌。


旅先にて

工場の門(かど)の柱も対をなすシーサーを置きてここは沖縄(ウチナー)

本年十一月の沖縄県行幸啓の際、普通伝統的沖縄家屋に付されているシーサー(魔除けの焼き物の唐獅子)が、近代的な工場の二本の門柱の上にも置かれているのを微笑ましく御覧になり、御自分が今沖縄の地にあることをしみじみと思われてお詠みになった御歌。

以上宮内庁ホームページより

誠に有難うございます。

感謝合掌

新年に当たりての、天皇陛下のご感想

皆様、誠に有り難うございます。心より感謝申し上げます。

謹んで、新年に当たりての、天皇陛下のご感想を掲載させて頂きます。(宮内庁ホームページより)

「東日本大震災から2度目の冬が巡ってきました。放射能汚染によりかつて住んでいた地域に戻れない人々や,仮設住宅で厳しい冬を過ごさざるを得ない人々など,年頭に当たって,被災者のことが,改めて深く案じられます。今後,震災や津波による被害の経験を十分にいかした防災教育やまちづくりが行われ,人々の安全な生活が確保される方向に向かうよう願っています。

日本は,大震災の影響等により,現在厳しい状況に置かれていますが,皆が被災者に心を寄せつつ,互いに支え合って様々な困難を克服していくよう期待しています。

本年が,我が国の人々,また,世界の人々にとって少しでもより良い年になることを祈ります。」

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/shinnen-h25.html

誠に有難うございます。感謝合掌

プロフィール

日本会議愛媛県本部 事務局

Author:日本会議愛媛県本部 事務局
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR